避妊、去勢。
健康な愛犬の体にメスをいれるということで、去勢や避妊を悩む飼い主さんは多いことでしょう。
考え方の違いにもよりますが多頭飼いをしていて、望まない繁殖をさけるためと考える飼い主さんや、1頭しか飼っていないのだからと去勢・避妊を悩む飼い主さんなど様々です。

避妊、去勢をして どんなメリットがあるのかご紹介します!

去勢のオペを行うことによるメリットとは何でしょうか。
去勢を行うことにより、将来高齢犬になったときにかかりやすい疾患の予防をすることができます。
前立腺肥大の予防になることは広く知られていますが、前立腺肥大や肛門周囲線種になると悪性であるガンが見られますので、前立腺肥大と肛門周囲線種の予防が最大のメリットになるでしょう。

その他にも、睾丸腫よう、会陰ヘルニアなどの予防になります。
いずれの疾患の発生率は比較的高いものなのです。
若い頃に去勢を行っていると発症する可能性の少ないものなのです。

そして身近なものでのメリットは足を上げて排尿をする前に去勢した場合は、マーキングや排尿時の足上げをしない犬になります。
※成犬で去勢を行った場合、このマーキングや足上げ行為はなくなるとは言い切れません。犬によってはそのままだったりやらなくなったりします。
性格も、生後5~6ヶ月で去勢を行った場合は(この時期に去勢するように進める獣医が多い)、子犬の頃の性格がそのまま残ったりします。

避妊の処置をすると乳腺腫よう、子宮蓄膿症、卵巣腫ようなどの疾患の予防になります。
子宮蓄膿症は発症率の高い疾患で、子宮の中に膿がたまってしまうというものです。
出産経験のない7歳以上の雌犬で、ヒート後1ヶ月ほどで発症するものが多いのが特徴です。
進み方の早いものだと2週間以内に腎不全を起こし、命を落としてしまいます。

避妊の処置を受けている雌犬はこの疾患の心配がありません。
避妊の処置をしていなければ必ずかかる疾患というわけではありませんが、処置をすることによって子宮蓄膿症は100%なることはありません。

避妊のオペの方法は病院によって子宮だけを摘出する場合と、卵巣と子宮の両方を摘出する病院とがあります。
後者の場合は卵巣腫ようの予防になるとはいえません。避妊を受けようと思ったら、どのような方法で避妊が行われるのかをきちんと確認すべきです。

このように、避妊、去勢にもいろんな意味があります。
行きつけの獣医さんとよく相談をしてご決断をなさってください。

ばう!わん スタッフ 志摩