こんにちは。
毎朝 パソコンのインターネットでニュースをチェックする志摩です。

今日は、とても心が痛く…
そして逆に感動する記事を見つけました。

【ゴミ捨て場から救出された犬】

海外の動物保護団体が、ゴミ捨て場で暮らすボロボロになった犬を救助。栄養失調で傷だらけの姿に思わず目をそむけたくなります。
しかし、暖かい人間によって犬は元気になりお友達もできたそうです。

一部の海外 ドイツではベルリンのティアハイムという動物保護施設があり、
年間25万人が訪れるこの施設の年間8億円の維持費のほとんどが寄付でまかなわれているという時点で日本との差を痛感します。

新たな飼い主を探しやすい(探してくれる)環境にあるのです。

日本は飼い主募集に呼びかけはしますが、名乗りが無かった場合には殺処分と言う悲しい結末になってしまいます。

どうすればそのような悲しい結末を阻止できるか?

それは私たち人間が責任感を持つことなんです。

この動画を見て犬の気持ちを更に理解してほしい。
この動画を見て自分が何を思ったか、同じことをしようとしていないか?

この犬のような子を増やさないために私達は何をすべきか?

改めて良く考えていきましょう。