ばう!わん スタッフの志摩です。

お客様と話をしていると 多くの方が【しつけ】について悩まれています。

【うちの子 吠えぐせが酷くて…】
【トイレが、しっかり出来ない】
【噛み付く】
【散歩が上手く出来ない】
【いろんな芸を教えたい】

Q しつけしたい!
どうしたら 上手く出来る?

A それは、ワンちゃんもそうですが、一番大事なのは飼い主様自身も犬がきちんとしつけを受けてくれるような立派な人間になることが大切なのです。

犬のしつけについての基本は…

犬の行動直後に褒める事です。これは叱る時も同様で犬がいけない事をした際には、その行動の直後に叱る、あの時あんな事をしたと叱ってもワンちゃんは理解出来ません。
それどころか、そのタイミングが悪ければ犬は、どんな事をしても叱られている。と、勘違いをしてしまい全く言う事を聞かなくなり、しつけが出来なくなってしまいます。

行動直後に褒める事をしてあげれば、ワンちゃんはどんな事をしたら褒めてもらえるのか、という事が理解しやすくなり、褒められようと犬のしつけがしやすくなります。
また、犬のしつけでは叱る事よりも褒める事が重要になりますので、特に犬が良い事をしたらその行動直後に褒めてあげるようにしましょう。

それと、一回褒めたり、叱っただけでは効果はありません。
日々の積みかせねでワンちゃんは次第に理解してくれます。

上記の事をしっかりやっていれば、トイレのしつけや芸をワンちゃんはマスターします。

志摩の愛犬も、このようなしつけ方法で

トイレは、もちろん。
おすわり、マテ、伏せ、お手、おかわり
お回り、タッチ、死んだふり…など多数の芸をマスターしてくれました。

ワンちゃんのしつけで難しい所は、ワンちゃんは学習能力が優れている。と、言う事。

失敗の行動に対し変に反応したりしてしまうと、褒められた。構ってくれた。と、勘違いをして更に その行動をしてしまいます。

直後に褒めたり、叱ったりする。と、言う事はワンちゃんと共に過ごすと言う事。
ワンちゃんとの時間も一緒に過ごせる事も大切なのです。