こんにちは!ばう!わん スタッフの志摩です。

犬の無駄吠えは、体調不良からくる無駄吠えもあります。
なので『絶対に無駄吠えをしないように』と、言うしつけではなく
『飼い主がコントロールできるように』と、いう事を目指したしつけをします。

知らない人や物を見て無駄吠えをしてしまう犬はとても多いです。
ですから、子犬のうちから様々な場所で、人や物に触れ合う機会を増やして慣れさせましょう。
そして、それらをワンちゃんにとって『良い事』と覚えさせます。

また、成犬になってからでも、無駄吠えを防止する事は可能ですが、成犬になってしまった場合、知らない人や物に対する恐怖心が既に植えつけられてしまっている場合があります。
ですから、飼い主様は犬が怯えて無駄吠えをした際に『それは大丈夫だよ』など、優しく声をかけたりして恐怖心を少しずつ取り除いてあげましょう。

この時、『良い子だから静かに』と、言ってしまってはNGです。
ワンちゃんは『良い子』に反応して褒められた。と、勘違いをしてしまいます。
そして、無理に知らない人や物に触れ合わさせては逆効果です。
犬に『困っても飼い主がいれば大丈夫』と思われるように自然な生活環境の中で慣れさせるようにしてください。

留守番の際の無駄吠え対策としては

ワンちゃんが落ち着く場所にいさせたり、音のするものを近くに置いて いつもの生活通りの雰囲気にさせてあげましょう。

おもちゃなども効果的です。

ワンちゃんにとって『吠える』と、言う事は人間の『おしゃべり』と同じ事です。
なので大声で怒鳴ったりしてはNGです。
名前を出して叱ってもNG。褒められた。と、勘違いをしてしまいます。